FC2ブログ

お洒落と介護と婆ちゃんと。

サポートプレタ笑顔音ブログ。新作紹介、要介護3の婆ちゃんとの愉快な日常。http://www.egaon-happy.com/

長らくご無沙汰してしまいました。



その後、婆ちゃんの骨折は無事8割方回復しました。
今回、痛みがそこまでひどくないまま回復したことは
骨の形状がつぶれずにヒビが入った程度だったということがあります。
これがクシャッとつぶれてしまっていたら、痛みが激しく
とてもじゃないけど在宅介護は無理だったかもしれません。
何にせよ、『あれ?筋肉痛か?』と思った時点で診察を受けたことは
良かったと思っています。

とにもかくにもお家安静キャンペーン成功!!ってことですかね。

(まぁ、なんと言っても5回目ですからね(。-_-。)。 )



ところがところが、、
思わぬチョンボをしていたのです〜(TT)



大反省!がありました。



先日から度々お腹が痛いと訴えていた婆ちゃん。
便通はあるし、下してもいないとのこと。
お正月からいろいろ食べてたし、食べ過ぎじゃないのぉ〜?なんて言いながら。

そしてやはり、かかりつけの医院に行っても消化不良ではないかと言われ、、。
消化剤をもらって、様子をみることに。
年末年始の安静状態にも関わらずけっこう食べていたことを反省しつつ、、。




ところがその晩、今までにない強い痛みを感じたということで
ご近所の胃腸科病院を受信しました。




とても丁寧にエコーで診てくれて
わかったことは、、
『砂状の胆石の可能性が高い』ですって。
((((;゚Д゚)))))))




元々持っていた胆石を、年末年始の食生活で刺激してしまった!!
みたいなことらしい。




ふうううううううう〜〜〜〜〜。((´・ω・`;))





婆ちゃんの食欲が落ちずに、何でも「美味しい!」って食べてくれることが
嬉しくて、、あんまし消化がどう、、とか深く考慮してませんでした。





食は細くなったけど、食べてる分量は消化できていると思ってました。





年を取るということは、私達と同じように食物を入れてもうまく身体に取り入れられないって、
、、ちょっと考えればわかることなのに。




ましてや12月下旬から、安静状態でほぼ運動はしていない婆ちゃん。
普段より消化のよいものにしないとアカンに決まってるやんっっ!!
ヽ( ̄д ̄;)ノあほか!?私!!





そして今さら、おかゆ三昧の日々を送っている婆ちゃん。





「次から次への心配かけてごめんね」と謝る婆ちゃん。





こっちだよ。こっちこそ、、ごめんね。本当にごめんね。
在宅介護、、、、侮れず。。゚(゚´Д`゚)゚。





あほか!?とお叱りのひと押しお願いします〜
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



このページのトップへ

、、、、てな、わけで、、(どんなわけ?)





第12腰椎の骨折で自宅安静キャンペーンを始めた婆ちゃん






幸いな事に、年末年始のお休みをはさんでいたので三度の食事も
無理なく用意ができて、とてもスムーズ。
ただ皆忙しい時期で、食事時間もきっちり時間通りとはいかないので
お腹が空いたら勝手に食べれるように、パンとかおやつとか手の届くところに置いておきました。




『ちょっとお昼ご飯1時半くらいになるから、何か軽く食べといてぇ〜』とか、
マメに電話したりして。






メニューに関しても 基本、好き嫌いはないので
例えばスーパーのお寿司パックとかでも『美味しかねぇ〜!』と喜んでくれるので助かります。






作るのが面倒くさい時のカップ麺やレトルトも同じように、『美味しかねぇ〜!』(ノ´▽`*)b☆







今回試してみて、ビックリレベルの美味しさ&手軽さだったのがこのシリーズ!
ブログパスタ
マジうまっっ!!ヽ(`□´。)ノ











『美味しかねぇ〜!』
食が細くなった婆ちゃんも珍しくペロッと一皿完食でした!
日本の冷凍食品ってスゴいわぁ〜Σ( ̄。 ̄ノ)ノ







ただし、お雑煮だけは注意して必ず誰かが一緒について食べました。
お餅の事故は恐いもんね。((((;´・ω・`)))







くれぐれも入院チックに行きましょう!ということで、
食べたら食べっぱなしで、決して茶碗を下げたりしないでね〜って感じ。
どんなにテーブルが片付かなくても、、ね。(。-_-。)
(親子して大雑把なO型なので、そこはあんまし気にならず。笑)







痛みが少し落ち着くまでは、婆ちゃんの行動範囲はベッドとトイレ周りのみ〜!
、、と、何度も言い聞かせて。








年末年始でテレビ番組も特別なのが多くて、それも退屈しなくて良かったかも。








そうこうしてる内に、当初お医者様が言ってた
『骨折回復の2週間』が過ぎ、三ヶ月を待たずに痛みはほとんどなくなった模様。






さて来週火曜日は診察日!
一ヶ月の自宅安静キャンペーンは成功したのでしょうか?!





読んだら押してね(*´∇`)ノ ヨロシクネ~♪
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

このページのトップへ
謹賀新年!!
明けましておめでとうございます!!
今年もどうぞ笑顔音をよろしくです!!








さて、、昨年の骨折疑惑から、ブログご無沙汰しておりましたが、、








結局薬局(、、って古っっ!)、やっぱり骨折でした、婆ちゃん。









第12腰椎
と、いう骨らしい。








医『折れてますねぇ〜』







○| ̄|_










しかし、、







幸い痛みがいつもほどないので
当初考えてた通り、自宅安静キャンペーンスタート!でございます。








早速、考えれる範囲でお部屋を模様替え。









ポータブルトイレをベッド横に設置。
夜中のトイレはこれでオッケイ。









本人、匂いが気になるということで
消臭剤を3個、設置!玄関にも”石けんの香り”っていうヤツを置きました。
さらにトイレの中に元々入れるお水に多過ぎるくらいの消臭液を投入!
(コレ、ケチるとケチらないでは効果が全然違うのです)
そしてポータブルトイレのところに洋服用のハンガーラックを置きカーテンを掛けて
簡易パーテーションに。








婆ちゃんめっちゃ大喜び!
ありがとうありがとうと繰り返すのを見て
やっぱこういうことって一番大切やなぁ~
改めて思うのでした。








しかし小はいいけど大はどうしても通常のトイレに行きたいという婆ちゃん。
意思を尊重してベッド周りからトイレまでの動線にテーブルやらを移動し
杖だけでなく何かに掴まって歩けるように。










そしてケアマネさん、訪問介護主任さん、福祉機器レンタル社長さん、
訪問リハビリ先生、と集まって会議です。









訪問介護を週1から週2に。
今来ていただいている婆ちゃんが大好きなヘルパーさんに無理を言ってもう一日来てもらうことになりました。
(こんな時期に新しい人はそれだけでストレスなので、
今の人がダメなら諦めると伝えていましたが調整してくださいました。)







婆ちゃんの動線を皆でもう一度確認し、
足りないところに伸縮性の柱を2本設置しました。
ちょっとお部屋がジャングルジムになりかけてきましたが(^^;)、
でもこれがあるとないとでは、危険度が大違いなのです。







婆ちゃんは
『そこまでせんっちゃヨカ。』(そこまでしなくていいよ)
と言いましたが、骨折回復するまで1〜2ヶ月のことだからと
説明し、なかった場合を想像してもらい、そして納得してくれました。









こんな風なマメな動きがフットワーク軽くできるのも、
ケアマネさん初め皆さんとの信頼関係ができてるからだと本当に有り難く思います。

私は婆ちゃんに何かあると、ちょっとしてことでもすぐにケアマネさんに連絡をとって相談するようにしてます。以前はやはり遠慮もあってあんまりマメにはできてなかったかも。こないだ言ったばかりなのに、、って。
(例えば福祉機器のレンタルってその度に契約書何枚も書かないとアカンかったり何かと面倒くさい)


婆ちゃんの状態に合わせての柱1本の増減って例え短期間でもホント大切なことやと今までで痛い程実感してます。
なのでそこをフットワーク軽くできるかっていうことがその後の介護に大きく影響していくことだと思うのです。
それはお互い人間同士としての相性も含めての信頼関係があるかないかで、変わってくると。








だからこそケアマネさんや福祉機器会社さんの選択って本当に大切だと強く思うのですよねぇ〜。










てなわけで、自宅安静キャンペーン!いよいよスタートしたのでした。
v(o゚∀゚o)v

ピクチャ 67








んで、、こっちのキャンペーンもやってっからねぇ〜(*´∀`人 ♪
2015キャンペーン





んで、、、、ランキングに参加してみたよ♪
読んだら押してね(*´∇`)ノ ヨロシクネ~♪
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村












このページのトップへ

この間、転倒してから節々の痛みはあったものの、
元気に過ごしていた婆ちゃんですが、
ここに来て感じていた腰の痛みが徐々にひどくなっている模様。



((((;゚Д゚)))))))




もしや!?これは!!





そうです。
多分、疲労骨折 ○| ̄|_





もうこの10年くらいで4度の骨折入院を繰り返してますもの(´・_・`)
パターンはわかっとります。




こうして、最初は





あれ??ちょっと痛い





くらいの痛みが、すこ〜しずつ痛くなり





ある日、電話がかかってくる。






『動かれんとよ。折れとるばい。痛かったい。』






そして病院へ。そして2~3ヶ月ほど入院。
、というパターン。 ○| ̄|_





まぁ、うちの婆ちゃんは入院に慣れていて、
部屋の中でもすぐに友達を作るし、
ご飯も頑張って食べてくれるので、
けっこう明るい入院生活なので、
いつもならすぐに
『入院した方がよかごたる(入院した方がいいみたい)』
と、診察に行く時すでの荷造りしてたりする前向きさなのですが、、、
(^^;)





今回はちと違う様子。






『入院しとなかよ(入院したくないよ)』







引っ越して、なんちゃって二世帯住宅状態の今がきっとすごく良いんだと思います。
(夏に私と同じマンションのひとつ下の階に引っ越しました。)
去年の年越しも入院中で、しかも私が年をまたいでのインフルエンザでなかなか行ってあげることができず寂しい思いをさせちゃった。






それに圧迫骨折って、治療らしい治療ってなくて
ただひたすら『安静』なのですよねぇ〜。







よっしゃ!ほなできる限り家でがんばろか!
(*・`ω´・)ゞ








『お家で、ひたすら安静キャンペーン!』
(あれ?キャンペーンと名付けるだけでなぜか楽しい雰囲気に。笑)





ある程度痛みがなくなるまで、
入院した時と同じ状態で過ごしてもらいましょう。




ベッド周りに何もかも配置して、一日のほとんどをベッドで過ごすことに。




一度片付けたポータブルトイレを配置して
テレビを移動して、
訪問介護の回数を増やしてもらって、
食事は、基本うちから作って運んだり、マンション前のほかほか弁当も
利用しようかな。




あ、ケアマネさんに連絡してケアプラン見直そう。




家族で介護会議もしなくちゃね。
(皆さん年末でお忙しいのでLINE会議かな^^;)





今週中に病院行って、先生に相談してアドバイスもいただこう。(←これが一番大事ね^^;)





寂しくないよう昼間はうちの営業部長に見守りをお願いしよう!
2015:12:20ピースブログ用
              できるかな?みまもり。




こちらのキャンペーンもよろしく!!
今すぐコチラへ!!
2015キャンペーン









このページのトップへ
先日の土曜日、婆ちゃんはモデルデビューをしました!






堺市役所で行われたさかい介護スマイルデイのスマイル介護ファッションショー(堺市主催/日本エルダーライフ協会受託事業)のモデルとして
ランウェイを車椅子でウォーキング(?)






先日の転倒で右半身を強打してしまい、全くの車椅子になってしまったので、
もう辞退するしかないか?と思ったけれど
幸いな事に骨折もしていなかったし何より転倒してしまったことで、
ごめんねと繰り返し自分を責める婆ちゃんの気持ちを明るくしてあげたかったので
頑張って出演することにしました。







当初、私の車で会場に行く予定でしたが、右腕が使えないので車に乗り込むことが簡単ではありません。
それで、久しぶりに電車を乗り継いで向う事になりました。







数年前に最寄り駅にエレベーターが付き、乗換駅も全てバリアフリー設備があるので安心です。







当日は秋晴れで気持ちよく、ちょっとした小旅行気分で婆ちゃんと娘と私、親子三代で出発しました!
駅の窓口で障碍者割引のチケットを手配すると(婆ちゃんは元々障害2級で要介護3です。)、
何も言わなくても駅員さんが電車に乗り込む時の橋渡し台(?)を持って来てくれて
車椅子スペースのある車両位置まで案内してくれます。







降りる駅でも待っていてくれて、本当に助かりました。
婆ちゃんは、『みんな、ようしてくれらすねぇ〜』(皆さんよくしてくださるねぇ)
と感心しきり。






電車でも婆ちゃんは『昔より(電車のスピードが)早かごたるね。』とトボケたことを言っております。(^^;)
いつの話やねん。






そして楽しい電車旅行を終えて、会場に入りました。







衣装担当の私は準備で大わらわ。
婆ちゃんと(一緒に出演する)娘には、担当のボランティアの方がついてくださいました。
カツラを選んだり、皆さんのヘアメイクの様子を見たり、孫と写メを撮ったり、
楽しそうに待っている婆ちゃんを見て私も嬉しくなりました。







カツラで10歳、メイクで10歳、婆ちゃんは86歳から一気に66歳になりました!
今回着せてもらったのは車椅子用のドレス、情熱のカルメンタイプ!
(しかしスペインのダンサーにしては顔が薄過ぎるけど、そこはまぁご愛嬌ということで)

ピクチャ 65







そしていよいよランウエイへ。
観客の皆さんの間のスロープを車椅子でゆっくり上がっていく婆ちゃんはめっちゃ緊張顔。
皆に促されて、やっと手を振ったり少し微笑んだり。







私はと言えば気持ちを入れて見てしまうと涙腺が崩壊しかねないので必死で気をそらしながら手を振って応援。








でもフィナーレなど全てが終わって舞台から降りた婆ちゃんが
急に泣き出しました。(´;ω;`)
『ずっと感動して泣くごたったけど、1人泣いたらおかしかけんガマンしとったと。』
(ずっと感動して泣きそうだったけど1人泣いたら恥ずかしいからガマンしてたよ。)
顔を歪めて泣き出すから、私もスイッチが入ってしまったよぉ〜(;д;)









かれこれ5年くらいショーに関わってきました。
最初の内は何とか商品の販売に繋がらないかと、、。
しかし途中からだんだんと目的が変わっていきました。

『ショーの主役はあくまで被介護者と介護者、ここが楽しければ服を見せることは2の次!』
『介護のショーは通常のファッションショーとは違う!』
これを教えてくれる人がいたからです。

私なんてまだまだ介護の入り口くらいですが、
世の中には本当に大変な思いをして介護生活を送られている人達がいる。
そんな人達がほんの少しの間でも癒されたり感動したり幸せな気持ちになってもらえたら、
そんな思いに変わっていったのも、弊社のメンターでもある日本エルダーライフ協会代表柴本氏のお陰です。




そして、今回出る側の立場になってみて余計に確信しました!
なんてすばらしいんだ!ファッションショー!
ほんまに幸せな気持ちになります!
ファッションショーにモデル参加、絶対オススメです!






堺市の今回の取り組みのテーマは『レスパイト』だそうです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
家族の介護のために離職や転職する人が増えています。
また、いわゆる老老介護や男性介護者、シングル介護(独身の人が親を介護する)も増えています。
 レスパイトとは、「介護者の休息」という意味です。
堺市では、多くの方に「在宅介護を続けるためには、
一時介護から離れてリフレッシュすることが大切だ」ということを知ってもらい、
日頃からの見守りにつなげてもらうために、普及啓発に取り組んでいます。

              堺市ホームページより抜粋
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


この取り組みを2年前から日本エルダーライフ協会がサポートし、
介護する人にお節介するお節介士が堺市でどんどん誕生しています\(^o^)/。
今回のこの感動のスマイル介護ファッションショーは日本エルダーライフ協会が受託事業として行ったものです。

そして弊社笑顔音は同協会のお節介士活動に協賛、協力しているご縁で今回も参加させていただきました。








ちなみに婆ちゃんは、「こん次はもっとうまくやるたい!歌も唄おうかね」と、
次回も出る気満々で「カツラがほしかぁ〜!」と言っております。
そして、心配していた右半身の痛みもどんどん軽減しつつあります。
86歳、驚異の回復力です!w( ̄o ̄)w









このページのトップへ

Information

egaonhappy
  • Author: egaonhappy
  • 長崎に生まれ大阪で育ったアラフィフ。お洋服が大好きでお洒落すること幸せで、アパレル業界で四半世紀。そんな私が、父の介護をキッカケに介護衣料のブランドを立ち上げた。プレタ介護エプロン新作情報や、要介護3になった婆ちゃんとの愉快な毎日を綴ります。

Search

Calendar

05 « 2020/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR