FC2ブログ

お洒落と介護と婆ちゃんと。

サポートプレタ笑顔音ブログ。新作紹介、要介護3の婆ちゃんとの愉快な日常。http://www.egaon-happy.com/

先日の土曜日、婆ちゃんはモデルデビューをしました!






堺市役所で行われたさかい介護スマイルデイのスマイル介護ファッションショー(堺市主催/日本エルダーライフ協会受託事業)のモデルとして
ランウェイを車椅子でウォーキング(?)






先日の転倒で右半身を強打してしまい、全くの車椅子になってしまったので、
もう辞退するしかないか?と思ったけれど
幸いな事に骨折もしていなかったし何より転倒してしまったことで、
ごめんねと繰り返し自分を責める婆ちゃんの気持ちを明るくしてあげたかったので
頑張って出演することにしました。







当初、私の車で会場に行く予定でしたが、右腕が使えないので車に乗り込むことが簡単ではありません。
それで、久しぶりに電車を乗り継いで向う事になりました。







数年前に最寄り駅にエレベーターが付き、乗換駅も全てバリアフリー設備があるので安心です。







当日は秋晴れで気持ちよく、ちょっとした小旅行気分で婆ちゃんと娘と私、親子三代で出発しました!
駅の窓口で障碍者割引のチケットを手配すると(婆ちゃんは元々障害2級で要介護3です。)、
何も言わなくても駅員さんが電車に乗り込む時の橋渡し台(?)を持って来てくれて
車椅子スペースのある車両位置まで案内してくれます。







降りる駅でも待っていてくれて、本当に助かりました。
婆ちゃんは、『みんな、ようしてくれらすねぇ〜』(皆さんよくしてくださるねぇ)
と感心しきり。






電車でも婆ちゃんは『昔より(電車のスピードが)早かごたるね。』とトボケたことを言っております。(^^;)
いつの話やねん。






そして楽しい電車旅行を終えて、会場に入りました。







衣装担当の私は準備で大わらわ。
婆ちゃんと(一緒に出演する)娘には、担当のボランティアの方がついてくださいました。
カツラを選んだり、皆さんのヘアメイクの様子を見たり、孫と写メを撮ったり、
楽しそうに待っている婆ちゃんを見て私も嬉しくなりました。







カツラで10歳、メイクで10歳、婆ちゃんは86歳から一気に66歳になりました!
今回着せてもらったのは車椅子用のドレス、情熱のカルメンタイプ!
(しかしスペインのダンサーにしては顔が薄過ぎるけど、そこはまぁご愛嬌ということで)

ピクチャ 65







そしていよいよランウエイへ。
観客の皆さんの間のスロープを車椅子でゆっくり上がっていく婆ちゃんはめっちゃ緊張顔。
皆に促されて、やっと手を振ったり少し微笑んだり。







私はと言えば気持ちを入れて見てしまうと涙腺が崩壊しかねないので必死で気をそらしながら手を振って応援。








でもフィナーレなど全てが終わって舞台から降りた婆ちゃんが
急に泣き出しました。(´;ω;`)
『ずっと感動して泣くごたったけど、1人泣いたらおかしかけんガマンしとったと。』
(ずっと感動して泣きそうだったけど1人泣いたら恥ずかしいからガマンしてたよ。)
顔を歪めて泣き出すから、私もスイッチが入ってしまったよぉ〜(;д;)









かれこれ5年くらいショーに関わってきました。
最初の内は何とか商品の販売に繋がらないかと、、。
しかし途中からだんだんと目的が変わっていきました。

『ショーの主役はあくまで被介護者と介護者、ここが楽しければ服を見せることは2の次!』
『介護のショーは通常のファッションショーとは違う!』
これを教えてくれる人がいたからです。

私なんてまだまだ介護の入り口くらいですが、
世の中には本当に大変な思いをして介護生活を送られている人達がいる。
そんな人達がほんの少しの間でも癒されたり感動したり幸せな気持ちになってもらえたら、
そんな思いに変わっていったのも、弊社のメンターでもある日本エルダーライフ協会代表柴本氏のお陰です。




そして、今回出る側の立場になってみて余計に確信しました!
なんてすばらしいんだ!ファッションショー!
ほんまに幸せな気持ちになります!
ファッションショーにモデル参加、絶対オススメです!






堺市の今回の取り組みのテーマは『レスパイト』だそうです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
家族の介護のために離職や転職する人が増えています。
また、いわゆる老老介護や男性介護者、シングル介護(独身の人が親を介護する)も増えています。
 レスパイトとは、「介護者の休息」という意味です。
堺市では、多くの方に「在宅介護を続けるためには、
一時介護から離れてリフレッシュすることが大切だ」ということを知ってもらい、
日頃からの見守りにつなげてもらうために、普及啓発に取り組んでいます。

              堺市ホームページより抜粋
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


この取り組みを2年前から日本エルダーライフ協会がサポートし、
介護する人にお節介するお節介士が堺市でどんどん誕生しています\(^o^)/。
今回のこの感動のスマイル介護ファッションショーは日本エルダーライフ協会が受託事業として行ったものです。

そして弊社笑顔音は同協会のお節介士活動に協賛、協力しているご縁で今回も参加させていただきました。








ちなみに婆ちゃんは、「こん次はもっとうまくやるたい!歌も唄おうかね」と、
次回も出る気満々で「カツラがほしかぁ〜!」と言っております。
そして、心配していた右半身の痛みもどんどん軽減しつつあります。
86歳、驚異の回復力です!w( ̄o ̄)w









このページのトップへ

Information

egaonhappy
  • Author: egaonhappy
  • 長崎に生まれ大阪で育ったアラフィフ。お洋服が大好きでお洒落すること幸せで、アパレル業界で四半世紀。そんな私が、父の介護をキッカケに介護衣料のブランドを立ち上げた。プレタ介護エプロン新作情報や、要介護3になった婆ちゃんとの愉快な毎日を綴ります。

Search

Calendar

09 « 2015/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR